セッションに関する疑問?

セッションに関して良く聞かれるご質問についてお答えします。

90分と60分のセッションではどちらが良いのでしょうか?

初めて受けられる方には、色々とお話しを伺う事があるので必ず90分のセッションから初めて頂いています。

その後、ある程度セッションを積み重ねてポイントが絞られたりしたら60分に変更される方もいらっしゃいますが、ご自分のポイントがはっきりするまでは90分のセッションを続けられる方が多いです。

また体力的に長く集中できなかったりする場合は、60分のセッションを頻繁に受けて頂く事もしています。

対面とオンラインセッションで違いはありますか

対面もオンラインもセッションの内容は変わりません。

オンラインセッションに不安があって遠方からサロンまで来れれていた方も一度オンラインを受けられてから、その便利さからオンラインでのセッションに切り替えられたりもしています。

PCの環境が整わなかったり、オンラインに不慣れであれば直接いらっしゃるのも良いかと思います。

ただ操作は、一度使えばそれ程難しくはないので、オンラインをお試し頂く事もお勧めです。

※どうしても不安な方には、初めの一度だけセッション前に日時を決めてテストの通信もできますのでお試しください。

何度ぐらいセッションを受ければ効果がありますか?

その方の状態や、問題の深さ、またどこまでの癒しや自己理解を求めているかにもよります。

またセッションの進み方も個々に違いますので、一概に何度でどれほどの効果があるとは言えません。

ただセッションを受けていく内に自分にはどの程度の回数が必要なのか、どのくらい癒しや自己理解を求めているのかがわかる方が多い様です。

1、2度のセッションでスッキリされる方もいらっしゃれば、時間をかけてじっくりと自分の内面に向き合う方もいらっしゃいます。

また癒しが進むにつれて、心のケアの大切さに気付き定期的に続けられる方も多いです。

ですので、一度セッションを受けてご自分の感覚で決められるのが良いかと思います。

どのくらいの頻度で受ければ良いですか?

これも個々によって違いがあるので決まった答えはありませんが、受けられる方がどの様な状態なのかにもよります。

今の状態がとても辛くて不安定であれば、1週間、あるいは2週間に一度と言うように続けていらして頂く事をお勧めしています。

その後、落ち着いて安定してきたら、3、4週間に1度のペースと言うようにご自分のペースで空けていらっしゃる方が多いです。

体のケアと同じで、ご自分の状態によってケアの頻度を考えて頂ければ良いかと思います。

初めからセッションの頻度をお決めにならなくても、次第にご自分のペースを感じられる様になると思います。

過去のトラウマにも対応できますか?

トラウマは、過去の辛い経験をした時の体の反応が記憶されて、その後も繰り返されてしまう事から、頭では分かっていても体が反応し続けてしまう状態です。

この体に残されたトラウマ時のエネルギーを少しずつ解放していくセラピーを使っていきます。

セラピー自体は、今の体感や感情を静かに意識していくもので、辛い経験を再体験する様な物ではありません。

時間がかかる事もありますが、気分や感情が少しずつ安定してくるのを感じて頂けると思います。

深刻ではない、ごくありふれた人間関係の悩みでもカウンセリングを受けられますか?

もちろん受けて頂けます。何気ない悩みからご自分の本当の気持ちや思いに気付かれる事は良くあります。

こちらでは、悩み事の状況への解決策を提案する事ではなく、悩み事を通してご自分を理解していく事をお手伝いしています。

結果的にはその状況が気にならなくなったり、自ら解決できる様になったりする事が多いです。

気軽に気楽に受けて頂ける事をコンセプトにしています。

どうぞお気軽にお話ください。

 

家族にもセッションを受けさせたいのですが…。

まずは、ご家族の方がセッションを受けたい気持ちがあるかが大切です。

もしご本人がご自分と向き合って行きたいのであれば、もちろん受けて頂けます。

ご家族が学生の場合は学生、は受けやすい学生料金を設定していますのでご利用ください。

ただ親御さんが付き添っていらしてもセッション中は、立ち会う事は出来ないのでお近くでお待ち頂く事になります。

移動の問題があればオンラインセッションもお勧めしています。

 

精神科や心療内科、その他の医療機関に通院していてもセッションは受けられますか?

その場合は、必ず担当医に相談の上、許可を頂いてから受けて頂いています。

状態によってはセッションが負担になってしまう事もあります。

今のご自身の状態でセッションが負担にならず、役に立てるのかの判断は大切です。

どうぞ担当医の方としっかりとご相談ください。

また薬の服用や治療に関してこちらから助言する事はありません。

PAGE TOP