恐れを隠すために

先日「グリーンブック」と「ブラッククランズマン」

二つの映画を続けて観ました。

両方とも実話を基にした

アフリカ系アメリカ人への人種差別をテーマにしたものでした。

 

「グリーンブック」では

1960年代中盤に黒人の天才ピアニストが

イタリア系の白人運転手と共に全米を演奏旅行する話です。

主人公のピアニストはその才能を認められ、

上流社会に招かれながらも差別を受けていきます。

 

一方、「ブラッククランズマン」では、

黒人の刑事が、ユダヤ人の同僚刑事と協力し

白人至上主義の秘密結社である「KKK」へ潜入捜査していきます。

 

主人公が電話で白人のふりをして

「KKK」の幹部と差別的な会話をして

彼らの信頼を受けて行くのですが

それがあまりにも自虐的過ぎて笑えるのです。

やっている本人もすっかり騙されている「KKK」幹部に笑いをこらえている。

 

両者とも作品賞や脚本賞で

アカデミー賞を受賞したいるだけあり

見応えがあって面白かったです。

 

今回私がこの2つの作品で感じたのは

差別する側の強い恐れです。

 

今まで、権利を持っていなかった人達が

自分達と同じような権利を持ち

自分達の領域に平等に生きていく事への

何とも言えない深い恐れです。

 

それが人によっては暴力的な怒りになり

組織を組んだりします。

また時には古き良き伝統を守る父親や夫として

強いリーダーとしての形をとる事もあります。

どちらにしても、自分の中の恐れを認めたり

向き合ったりする事が出来ずに

その逆の強い姿でいようとしています。

 

でももし彼らが、自分の環境が変わって行く

不安や恐れをしっかりと受け止めて

恐れている事が現実に起こるのかを

冷静に見つめる事が出来ていれば

表面上の強さは必要なかったのではないでしょうか。

 

ただそれに向き合う勇気や強さが無いために

湧き上がる恐れを抑圧するための

表面上の強さを演じざるを得なかったのでしょう。

 

彼らが頭の中で起きている恐れのストーリーをすっかり信じて冷静さを失い

ナンセンスで過剰な防衛している事は

現在の私たちから見れば一目瞭然です。

 

でもこれは、エゴの性で

ここまで暴力的でなくてもうっかりすると誰もがいつでも

陥ってしまう事ではないでしょうか。

 

「ブラッククランズマン」の中で

白人至上主義の議員が「アメリカ第一!」と

まるで現大統領の様に叫ぶシーンがとても印象出来でした。

 

「ブラッククランズマン」の画像検索結果

関連記事

  1. 本当に必要な物

  2. ぼーっと時間のおすすめ

  3. 朝の時間

  4. 人のエネルギー

  5. みがくと冴える

  6. 場を作る人

PAGE TOP